【MISSION4】ジンバブエでサッカーアカデミーを作るために子供達の実態を知れ!



ジンバブエにサッカーアカデミーを作るまでの奇跡“VOL4”

ミッション3では無事にアカデミーに必要なサッカー道具を購入することに成功しました。

それでは次にすべきこと。

それは、

子供達の実態を調査することです!

ジンバブエの首都ハラレにはいくつかのスラム街がありますが、今回対象とした場所はムバレと呼ばれる最も大きなスラム街。

ここムバレはJICAや大使館関係者は近づくことが禁止されており、ドラッグなどを始めとした犯罪が多く治安があまり良くないことで知られているため注意をしながら向かいます!

ムバレの様子

(街の真ん中にあるゴミ捨て場)
(廃墟のような家)
(中はこんな感じ)

ムバレには1日1ドル以下での生活を余儀なくされている人たちが数多く生活しています。

その一方で、ジンバブエで最も大きく、人気のあるクラブであるダイナモスが設立された場所ということもあり、あらゆる隙間で文字通りストリートサッカーに興じる子供達をたくさん見つけることができました。

(サッカーの興じる子供)
(気が付けばNashaも参戦笑)

彼らは情熱や向上心は高いものの経済的な理由でなかなかしっかりとした指導を受けることができません。

私たちはこのような環境にいる子供達の可能性を広げるためにアカデミーをやろうと改めて誓いあいました。
これにてミッション4も無事にコンプリート。

次なるミッション5は、私たちのジンバブエ侍フットボールアカデミーをジンバブエに正式登録し、立ち上げることです。

いかなる物語が待ち受けているのでしょうか?

(癒しの一枚)

お知らせ

ジンバブエ侍フットボールプロジェクト(ZSFP)では、”アフリカ5ヵ国3000人以上にサッカー指導をしている経験をお伝えする”講演会を開催しております。
特に、小学校、中学校、高校などの子供にとっては”世界に目を向ける”良い機会が提供できるかと思います。
ご希望の際は、お問い合わせよりご連絡ください。



NO IMAGE