【MISSION1】ジンバブエでサッカーアカデミーを作るために情報収集せよ!



ジンバブエにサッカーアカデミーを作るまでの奇跡“VOL1”

”ジンバブエで厳しい環境にいる子供達の可能性を広げるためにサッカーアカデミーを作る!”

そんなNGOの事業の1つを形にするためにジンバブエに到着しました。

(ジンバブエに到着)
(迎えてくれてありがとう)

今回の大きなノルマは、滞在する3か月の間に

“アカデミーを設立して現地人のスタッフで運営できるまでの仕組みを作ること!”

です。

まずしなければならないことは調査

そう、情報収集です。

具体的には、

✔アカデミーの設立方法
✔厳しい環境にいる子供たちの調査
✔選手選考(予算的な問題と長期的な視点でU12の子供達20人)
✔活動場所・コーチ選考

というものです。(やらなければならぬことが山のように。トホホ・・・)

泣き言を言っている暇ももったいない!ということで早速調査開始です!

心強いパートナーと共に

幸いにも私は2015年~2017年まで青年海外協力隊のサッカー隊員として活動していた経緯があり、事前に現地の責任者となり得る信頼できる人物にはこのプロジェクトに関して話をしていました。

その人物が、
Nashaです。彼とは、協力隊時代に共に働いた中です。


(Nasha)

彼は大学時代に陸上のジンバブエ代表として幾度も国際大会に出場し、“日本人の何とかさん”という選手と試合をしたと言うのが口癖です(笑)

選手を引退した彼はスポーツ科学とトレーニング学を学ぶためにジンバブエ最高峰の大学へ入学し、現在は自身でHEALTH &WELNESSという会社を設立してスポーツ指導者への講習会を行っている男。

私達の理念に深く共感し、現地のマネージャーをやってくれることになりました。(今はあまりお金を払えなくてすいません泣)

第1日目はそんな彼とのミーティングで必要な情報を収集しました。

やることが明確になり、道筋が少しはっきりとしてきました!

さて、第2日目はどのような物語が待ち受けているのでしょうか?

今晩は不安と期待で落ち着いて寝れそうにありませんね(笑)

(癒しの一枚、明日も頑張ろう!)

お知らせ

ジンバブエ侍フットボールプロジェクト(ZSFP)では、”アフリカ5ヵ国3000人以上にサッカー指導をしている経験をお伝えする”講演会を開催しております。
特に、小学校、中学校、高校などの子供にとっては”世界に目を向ける”良い機会が提供できるかと思います。
ご希望の際は、お問い合わせよりご連絡ください。



NO IMAGE